乳児院の看護師求人を探すのに一番いい方法!

看護師さん-1

 

乳児院への転職は、現在、人気の求人となっています。やはり、乳児、子供の世話をすることは大変やりがいのある仕事ですし、仕事とはいえ、、子供たちの笑顔を見ながら、働けるなんていいですよね

 

ただ、乳児院での看護師の募集人数が少ないこと、また、ある程度経験者や知識のある方を優遇することから、乳児院に転職することは難しいと思われています。

 

そこで、乳児院に転職する方法ですが、一番いい方法は、看護師転職サイトを利用することです。なぜなら、看護師転職サイトは、転職したい希望が多種多様な看護師、1人1人に合わせて、転職活動を専門的にサポートすることによって実績を出して、利益を得ている、その道のプロだからです。これはあまねく公平、公共的な「ハローワーク」、「ナース人材バンク」と異なるところです。

 

でも、看護師転職サイトもいろいろたくさんあって、どこを利用するばいいのか迷いますよね。

 

そこで、おすすめなのが「ナースではたらこ」です。

 

この「ナースではたらこ」は、日本最大級の9万件の情報量を誇っていて、さらに、逆指名制度というのがありますので、自分の希望に応じた乳児院を指定することができます。また、全国区での対応が可能なので、おすすめです。

 

ここで、逆指名制度は、大手で積極的に実施しているところは、このナースではたらこだけです。また、看護師さんからの満足度の評価は第1位です。(楽天リサーチ調べ) このことは、それだけ、転職をサポートしてくれるコンサルタントの質がいいことを表していると言えると思います。

 

なお、ナースではたらこには、「あんしんサポート」という専用の窓口を用意しています。転職サポートを安心してご利用いただけるよう、専用窓口を設置しています。例えば、コンサルタントを変えてほしい、などの要望を言うことができるので、上のような悪い口コミの場合には、担当のコンサルタントを変えてもらうことが可能です。ちなみに、このような担当者を変えてもらえるような看護師転職サイトは、このナースではたらこだけです。この制度があるなら安心ですね。

 

最後に、内部情報に強いという強みから、乳児院に関しても、その乳児院には、どのような乳児、子供が多いのか、どのような看護師を求めているのか、どのような経験、知識を求めているのかが事前にわかるので、予め対策を立てることも可能ですし、もしも、対策を立てられないときでも、自分に合った乳児院を探していただくことができます。また、内部情報に詳しいということは、人間関係、離職率、残業の状況、休暇取得の状況、職場の雰囲気、評判など、外からではわかりづらい、職場選びに欠かせない情報が充実しているということなので、こんなはずではなかったという失敗をしなくてすみます。

 

↓そのナースではたらこはコチラ!↓

 

ナースではたらこ

 

なお、登録は無料で、今すぐには転職しないという方でもOK、まずは、情報収集や相談からという人でもOKです。ちなみに、次のような情報を得たい人でもOKです。お気軽に利用してみるといいと思いますね。

 

  • 〇〇乳児院は、どのようなところなのか?
  • 〇〇乳児院では、求人を現在募集しているのか?
  • 〇〇乳児院の給料は、どれくらいなのか?
  • 〇〇乳児院の職場環境、人間関係、雰囲気などはどうなのか?

 

 

特に、東京の乳児院の看護師求人ですが、東京は探しやすいエリアと言えるでしょう。カリタスの園つぼみの寮乳児院、聖オディリアホーム乳児院、聖友乳児院、二葉乳児院、麻布乳児院、日本赤十字車医療センター付属乳児院、至誠館さくら乳児院などがあります。以下のように、東京には、一番乳児院の数が多く、約20もの乳児院が集まっています。

 

乳児院 東京都

 

<特集>東京の乳児院一覧

 

  • (福)恩賜財団慶福育児会
  • 慶福育児会麻布乳児院
  • (福)二葉保育園
  • 二葉乳児院
  • (福)聖オディリアホーム
  • 聖オディリアホーム乳児院
  • (福)愛恵会乳児院
  • 愛恵会乳児院
  • (福)東京恵明学園
  • 東京恵明学園乳児部
  • (福)カリタスの園
  • カリタスの園つぼみの寮
  • (福)聖友ホーム
  • 聖友乳児院
  • (福)慈生会
  • ナザレットの家
  • (福)恩賜財団済生会支部東京都済生会
  • 東京都済生会中央病院附属乳児院
  • 日本赤十字社医療センター附属乳児院

 

 

例えば、代表的なところで、中野区の社会福祉法人 聖オディリアホーム乳児院は、1941年(昭和16年)にドイツより来日したシスター・オディリア・レーマンによって設立された古くからある乳児院ですが、ここでは、家庭で養育できない乳幼児を預かり「赤ちゃんの家」として安定した生活と養の場を提供することを目的とし、0歳〜3歳までの計60名の乳児が生活をしています。その他、主だったところでは、東港区の麻布十番近くにある、東京都済生会中央病院附属乳児院や杉並区の聖友乳児院などもあります。

 

 

また、以下は、参考までに、乳児院に強い看護師転職サイトランキング、乳児院に関する基礎知識、看護師転職サイトを利用するメリット、看護師転職サイトを利用する際の5つのポイントについてご紹介しています。

 

<参考>乳児院に強い看護師求人転職サイトランキング

 

こちらが、乳児院に強い看護師転職サイトランキングになります。

 

ナースではたらこ

ナースではたらこ

  • 日本最大級の看護師転職サービス、求人数9万件
  • どこにも求人として出ない非公開求人が多数
  • 友達にすすめたい1位、アフターフォロー1位
  • 運営委会社:東証一部上場のディップ株式会社

公式HPはこちら

 

看護のお仕事

看護のお仕事

  • 東京都の非公開求人数が多数
  • 転職支援金最大12万円支給
  • 運営会社:渋谷のヒカリエにあるレバレジーズ株式会社

公式HPはこちら

 

ナース人材バンク

ナース人材バンク

  • 看護師紹介実績1
  • 公開情報数200,000件以上
  • 運営会社:株式会社エス・エム・エス

公式HPはこちら

 

マイナビ看護師

  • 首都圏や関西圏、札幌、名古屋、広島、福岡の都市部での看護師求人が得意
  • 治験コーディネーター、保健師、助産師の情報も扱っている
  • 運営会社:株式会社マイナビ

公式HPはこちら

 

ナースフル

  • 転職のプロのリクルートと一緒に仕事探し
  • 病院件数・科目別求人が業界トップクラス
  • 運営会社:リクルート

公式HPはこちら

 

 

<参考>看護師転職サイトを利用するメリット

  1. 高待遇(高給与、好条件)の求人情報、一般公開されていない求人情報を無料で紹介してくれる! (ご利用は無料でフォームに登録するだけで簡単!)
  2. 実績豊富な転職のプロであるキャリアコンサルタントがアドバイス、いろいろな相談に乗ってくれるので安心!
  3. 忙しい中でも働きながら、自分の希望の求人を探すことができ、効率的に辞めずに転職できる!
  4. 病院の内部情報(人間関係、残業、休暇、給料、離職率の実態等)を事前に入手できる!
  5. 退職交渉、給与アップ交渉のサポートをしてくれる!

 

<参考>看護師転職サイトを利用する際の5つのポイント

  1. 無料で登録できる求人・転職サイトのキャリアコンサルタントに何でも相談して、うまく活用すること!
  2. 好条件の求人数の少ないナースセンター、ハローワークだけから選ばない!
  3. 2社以上の看護師求人・転職サイトに登録して比較する!
  4. 看護師求人・転職サイトに自分の希望・条件をきちんと伝える!
  5. 1つの病院だけでなく、複数の病院の情報を取り寄せ、比較する!
  6. 複数の病院等の非公開の求人情報を聞いてみること!

 

<参考>今、看護師求人・転職サイトに登録(無料)すると

  1. 看護師が不足している今のチャンスを逃さない!
  2. 高待遇(高給与、好条件)のところへ入職することができる!
  3. 自分の希望どおりの仕事を手に入れることができる!
  4. 仕事がよくなると、毎日が楽しく、幸せに感じられ、プライベートも充実させる余裕が生まれる!
  5. 仕事がよくなると、友人、家族、恋人など周りの人を大切にする余裕が生まれる!

 

<参考>乳児院看護師求人に関する基礎知識

 

乳児院とは?

 

女性看護師

 

乳児院とは、乳児や孤児を入院させて、養育するところで、退院した後も、この乳児、孤児に対して、相談やその他の援助をする児童福祉施設になります。児童福祉法第37条による規定があります。児童養護施設というものがこの乳児院に対してありますが、児童養護施設が原則として、1歳以上の児童を養育するのに対して、1歳未満の乳児を養育することを主な目的とします。

 

この乳児院は、厚生労働省の調査によれば、全国に約120カ所あります。(※)本ページの最後に掲載してあります。ここで、約3000人の子ども達が生活、入所しています。

 

これまで,乳児院で生活している子どもたちはおおむね2歳の誕生日をもって乳児院から児童養護施設へと施設を移ることになっていましたが,児童福祉法の改正により,小学校就学前まで年限が引き伸ばされました。

 

この乳児院では、嘱託医、保育士、児童指導員、看護師、保健師、栄養士、臨床心理士、調理員などが交代で働いていて、その他にも多くのスタッフ、ボランティアが子どもたちの生活を支えています。なお、費用は、国と地方自治体が主に負担しています。

 

かっては、乳児院は、戦災孤児や捨て子、親の死亡などで養育者のいない子どもたちの生活する場としてあり、孤児院と呼ばれていました。

 

現在、乳児院で生活する子どもたちのほとんどに親、又はそれに代わる養育者が存在していますが、経済的な理由や疾病、家庭におけるさまざまな問題、児童虐待により家庭での養育が困難な場合として子どもたちが預けられています。ちなみに、乳児院に入ったいた子どもたちは、実の両親や親戚の家に引き取られるか、特別養子縁組によって、里親の元へ引き取られるか、もしくは、児童養護施設に入所変更となります。

 

最後に、乳児院とは、児童福祉の一環により、設置されている、恵まれない家庭環境の子ども、児童のために、その生活、養育、自立を支援、援助するための養護施設であり、平成に入ってから、そういった子供たちの数が増えてきている。
こういった子どもたちを助けるために、幅広い福祉の観点から、行政、、福祉事業を行う会社などの法人、子ども相談センター、児童相談所、保育園など関わりのある社会の支援が必要です。また、ネットを使ったホームページ、ブログにおいてもそういう情報の発信、受信が望まれています。

 

乳児院看護師求人関連項目
  • 救貧院
  • 赤ちゃんポスト
  • 特別養子縁組

 

乳児院看護師求人外部リンク

 

 

  • キーワード:乳児院 看護師 求人
  • タグ: 乳児院 看護師 求人